ヘアカラーにおける染毛の仕組みとは?

みなさんは、ヘアカラーによる染毛のしくみを知っていますか? 毛髪を染める方法は、実は多岐に亘るのです。
そんなたくさんある方法の中でも、最もスタンダードなのが「ヘアカラー」なのです。
では、そのヘアカラーの染毛のしくみを見ていきましょうね。
ヘアカラーは「染毛剤」と「染毛料」に分類されて「染毛剤」の場合には、医薬部外品、「染毛料」の場合に、は化粧品に分類されるのです。
一般的によく使用されているのは、より効果の強い染毛剤で、こちらは「永久染毛剤」とも呼ばれているのです。
さらに、この永久染毛剤は「酸化染毛剤」と「非酸化染毛剤」に分かれていて、それぞれ染毛のメカニズムが少し異なるのです。
まず「酸化染毛剤」についてです。
この薬剤の中に含まれているアルカリ剤が毛髪を膨潤して、毛髪内のキューティクルを刺激するのです。
また、酸化染料を結合させて、発色させることによって、髪の毛を染めることが可能になるのです。
基本的には、メラニン色素の脱色で、明るい色合いにしつつ、酸化染料の発色で、色を調整する形になるので、ある程度細かい色の調整が可能なのです。
一方の「非酸化染毛剤」は、ポリフェノールを配合していて、これを開いたキューティクルから、毛髪へ浸透させるのです。
ルプルプヘアカラートリートメント使い方